アテンダントナースに必要な知識

看護師もいろいろな働き方ができるようになり、その人気の1つが、アテンダントナースという職種です。アテンダントナースとは、その名のとおり、旅行に同行する看護師のことです。特にアテンダントナースが同行するような旅行は、大きな団体の旅行、海外などの旅行距離や日程が長い旅行、高齢者が多い旅行が対象になることが多いです。そんなアテンダントナースは、ある程度看護師として臨床経験を積んでからなる人が少なくありません。それは、ある程度の知識と、対応する能力が必要となるからです。

では、アテンダントナースに求められるものとはどのようなものでしょうか。その一つが、病気や薬の知識です。現在は飛行機での移動も簡単にできるようになったので、持病を持ちながらも旅行を楽しむ人は少なくありません。そのため、旅行先でも薬などを定期的に飲まなくてはいけないこともあるのです。また、健康的な人でもいつもとは環境の違うところへ旅行に行くということと、また、毎日の刺激でとても疲労感を感じることがあり、体調を崩す人も少なくありません。

そのためアテンダントナースは、旅行中の体調の関するトラブルにも対応できるように知識が必要なのです。そして、様子を見てもいい状態なのか、また病院を受診してもらう方がいいのかという判断をすることが重要です。特に高齢者や子どもがいるようなツアーでは、予測できない体調の変化を起こすこともあります。常にツアー参加者の体調の気を配り、相談にのるなどコミュニケーションをしっかりはかり、信頼関係を作っておくことも大切です。